カタカナの名前

画像 冬期講習も終わり、今週からいつもの授業に戻った。昨日の授業では、しばらく休んでいた生徒や、講習会だけ修行に出ていた生徒も戻ってきた。

 昨日の前半は3人の女子が集まった。同じ時間帯に偶然そろったこの女子3人には共通項がある。それは、名前がカタカナであることである。もちろんここではその名前を書くことは出来ないが、皆そろってすてきな名前を持っている。
 両親またはどちらかの親が南米系なのも3人に共通している。これ以上のことを私は何も知らないし、知る必要もないことだが、両親がそろっている平均的な日本人の家庭と比較すれば、苦しい生活を強いられているだろうことは想像がつく。ご恩塾にはもうひとりカタカナの名前の生徒がいる。つまり、全生徒の4割近くが、外国人の親を持つ生徒である。
 そのことが原因で彼らが学校で差別を受けているかどうか私には分からないが、恐らくそんなことはないと思うし、少なくともご恩塾では絶対にないと断言できる。なぜなら、ご恩塾はそのような生徒のための塾であり、生徒同士の仲がとても良いからである。正月に私の姉から差し入れてもらった洋菓子を皆で分け合い、喜んで食べていた光景を見ても、それは明らかである。

 昨年末、国会では外国人労働者の受け入れについて議論があったようだ。どのように決まろうと、それは国会議員の先生たちが決めることで、私にはあずかり知らぬことである。しかし、日本に働きに来た外国人労働者の子どもたちの教育環境については、日本人労働者の子どもたちと違いのないように配慮願いたいと思う。それは学校教育にとどまらない。学校外教育においても、ご恩塾のような塾でなければ勉強できない環境には、未来を担う子どもたちを置かせて欲しくない。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック