学習支援のハードとソフト

画像経済格差から広がる学力の格差について、政府や一部政党から現実的な提言が出されてきたのは良いことだと思う。例えば、私立高校の学費無料化や貸与型から給付型奨学金へ、などである。

少子化が進み子供の数が減る中で、将来の日本を背負う人材の育成は喫緊の課題であることを思えば、このことは当然のことと思う。これらがより早く、より広い範囲で施行されることを望んでいる。
 残念ながら我々庶民は、「望んでいる」としか言うことができない。政治の世界では、教育格差の解消は、予算=金による手段がとられることになるからである。予算が付かなければ教育格差を解消することはできない相談であり、これは国家がなんとかしてくれることを望むほかない。
 教育格差解消の手段として、予算=金をつぎ込むことは、言ってみれば「ハードの手段」である。言うまでもなく、このことは重要なことである。一方で、金をつぎ込むことだけでは解決できない問題もあると思う。あるいは、こちらのほうが大切であると言えるかも知れない。それは「ソフトの手段」とも言えるものである。
 高校に入れば授業料は無料になる。大学に合格すれば返済義務のない奨学金がもらえる。経済的に恵まれない家庭にとっては、本当にありがたいことである。しかし、忘れてならないことは、高校や大学に入るまでの過程である。高校受験に向けて、多くの中学生は塾で勉強する。私立高校はいざ知らず、公立高校においては十分な大学受験の指導は期待できない。そこで、高校生も塾や予備校に通う生徒は多い。
 受験に向けて塾や予備校で学ぶことは、学校だけに頼るよりも圧倒的に有利である。そうでなければ誰も高い金を払って塾や予備校に通うことはないだろう。塾や予備校には受験に向けてのデータやノウハウがある。なによりも受験指導のプロが教えるのである。新年度ともなれば、自塾の実績や勧誘の甘い言葉を引っさげたチラシが大量に出回る。「行ってみたいな」と思っても高い学費を親に負担させることはできない。結局は授業料も奨学金も、せっかくの恩恵にあずかることなく進学をあきらめざるを得ない。こんな子どもたちは大勢いるにちがいない。
 授業料や奨学金を負担することはできなくても、なんとか工夫すれば個人や団体が受験勉強の手助けをすることは可能なのではないか。そんな「ソフトの手段」を「ハードの手段」と並行して追求することも必要だと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック