日頃考えていること

アクセスカウンタ

zoom RSS てんびん

<<   作成日時 : 2013/07/10 09:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 食塩水の濃度の問題で、てんびんの図を用いて説明することがある。てんびんとは、釣り合うことが前提となっている。だから、釣り合わなければてんびんとしての機能を果たすことが出来ない。
 ところが昨今、てんびんにかけてもまるで釣り合わないことがある。

 右の皿には「アベノミクス」というおもりをのせる。左の更に「反原発」をのせても、てんびんは右に傾くばかり。「TPP」や「立憲主義」を左の更に追加しても、てんびんは右に傾いたまま、いっこうに釣り合う気配はない。
 それほど「アベノミクス」は重いということであろう。
 ところで、「アベノミクス」の効果は実際に出ているのであろうか。
 奇妙なことに、多くの人々は「出ていない」と言う。つまり、「アベノミクス」とは、人々にとって「実績」ではなく、「期待」なのである。人々は、「もしかしたら、自分の生活は楽になるかもしれない。」との「期待」から、右の皿に分銅をおいているに過ぎない。
 今、多くの人が「100年後の日本」より「あすの1万円」を求めている。これは非常に危険なことである。それでも、「あすの1万円」が実現すればまだよい。
 実現しなかったとしたらどうなるか。
 右のてんびんは、突然ゼロになり、その反動で左の皿も吹き飛んで空っぽになる。そして、てんびんは大揺れに揺れた後、左右がゼロでつりあう。
 このとき、日本はどうなるか。見たくもあり、見たくもなし。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
てんびん 日頃考えていること/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる