テーマ:

10月22日

 先週の火曜日、生徒から「来週の授業はありますか」と聞かれ、そのときは何のことか分からず「もちろんありますよ」と答えた。先週の金曜日、小学生から「来週の22日火曜日は学校が休みで、家族で予定を組んでしまったので休みます」と言われた。このとき、ようやく10月22日火曜日は今年限りの国民の祝日であることに気づいた。  この日は、天皇の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やる気 2

 夏休み前に危惧していたことが起きてしまった。実は、9月最初の授業から勉強に来なくなった生徒が何名かいるのである。しばらく様子を見ていたのだが、夏休みが明けた9月から学校へ行くことを嫌がったり、勉強へのやる気を無くしてしまった生徒が残念ながらご恩塾生の中にも現れてしまった。指導者としての私の未熟ゆえである。    なぜ、やる気が失せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『おもしろ日本史』全ルビ版

 ご恩塾生の中には、南米系の生徒も結構いる。生徒の親は、様々な事情を抱えて日本まで来たのだろう。南米での生活、日本への渡航の決断、そして小さな子どもを抱えての日本での生活、ここまでの過程でどれだけ苦労をされたか、私にはとうてい想像もできない過酷な人生だったことであろう。まともに日本語での会話ができない親も多い。日本に来てからも、日本や日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月、後期初日の授業

 7月下旬から8月中旬まで、ずうっと空調完備の病院にいたおかげで、今年の酷暑、大雨、台風には無縁の夏を過ごさせていただいた。術後の回復も順調で、暑さがようやく緩み始めたころに退院し、その後は買い物にちょっと出かける以外は家の中でのんびりして暮らした。  それでも寄る年波には勝てず、どうもけだるさと頭痛につきまとわれている。頭痛は、ある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1学期授業終了

  昨日(19日)で1学期の授業が終了した。本日から9月3日までは長期の夏季休暇に入る。  本年3月、4月のご恩塾は閑散としていて勉強に来る生徒の数が0人、あるいは1人だけの日も何回かあった。しかし、5月からは主に中学生の入塾が増え、現在は12名が通っている。  今までも何度か書いてきたように、ご恩塾への入塾資格は、高い目標を持…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

突然の訪問と人生相談

 小学生の授業を終え、次の中学生の授業の準備をしているとき、突然、制服を着てギターか何かの楽器を背負ったかわいい女の子が教室に入ってきた。  先方は、当然私が自分のことを知っていることを前提として話しかけてくる。私の頭の中には、教室を訪ねてくる子がいるとすれば、SHOSHIN小学部の卒業生しかいないとの観念がある。先方の手前、よだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

限界が迫りつつ・・

 昨日は中学2年生と3年生が5名参加。先週よりもさらに生徒数が増え、今後はこのような日の連続になると思う。今日も中学生の参加予定は5名となっている。  授業に参加している中学生の勉強内容は様々である。定期テストの解き直しをする生徒、学校の宿題を片付ける生徒、そして持参した問題集を使って復習や予習をする生徒などで、中には特に私から声…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二十四の瞳

 これまでは何の不安もなく、ごく普通の生活を送っていた家庭が、突然生活を一変させられる状況に陥ることは、不幸にして稀におこる。災害や事故で家族を失ったり、家庭内の問題から起こる事件などもそうである。  ご恩塾にも、何かしらの問題を抱えて訪ねてくる親子もいる。その中には、突然の経済的事情の変化によって、塾に通うことが出来なくなった例…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

むずかしい問題

 といっても、数学の難問のことではない。当塾への入塾条件のことである。  ご恩塾は、塾に行って勉強したいけれども、経済的な事情で塾に通うことが出来ない小・中学生のための塾である。  長年にわたってこの地で塾を経営してきた私が、地域へのご恩返しというか、罪ほろぼしというか、とにかくそんな思いから始めた塾である。設立当初は「貧困家庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休明け最初の1週間

 連休明けの1週間は、良いこと、悪いこと、いろいろなことがあった。良いことのトップは、心配していた欠席者も病欠による1人のみで、残る生徒は全員いつもと同じように元気に参加してくれたことだ。  良いことの2番目は、新しく中学3年生が入塾してきたこと。とても元気な子でやる気も十分。早速後輩たちと仲良くなったようで、ご恩塾の雰囲気にぴっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく落ち着いて勉強が

 3月下旬から4月初旬までの春休み、そして4月下旬からの10連休と休みが続き、新学年を迎えた子どもたちはこれまで3週間程度しか勉強していない。3週間勉強したことが、この連休ですっかり頭の中から抜け落ちてしまった子どもたちもいることだろう。ようやく明日からいつもの生活に戻ることが出来る。  一方で、新入社員の中にはこの時期、五月病に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さみしいスタート

 本日(4月3日)はご恩塾2019年度開始の日だった。新年度開始にあたって、この1年間ほとんど掃除してこなかった教室をきれいにしようと、清掃業者に依頼して前日にタイルのワックスがけをした。さらに本日はいつもより早めに出かけて教室の模様替えもした。これで気分一新、清々しく新年度を迎えられるはずだった。  今のところ新入室生はなく、昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年度の準備

 中学3年生が卒業して、ここのところご恩塾もめっきり寂しくなった。日によっては、小学生が一人、そのあと中学生が一人の授業日もある。木曜日に至っては参加する生徒がいないので、3月中は休みをとっている。しかし、4月になれば新しい生徒がやってきて、また賑やかになってくることと思う。そうなってほしい。  1月に、今年の目標として、第一に中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1年間の授業を振り返って~中学生

 4月の開校時点で在籍していた中学生は、新1年生と新2年生の合計3名だった。どの生徒も算数・数学が苦手ということで、数学中心の授業からスタートした。  各自に塾専用教材とノートを手渡し、前学年の復習とノートの取り方の指導から始めた。「英語には自信がある」との言葉を信じ、英語には全く手をつけず、しばらくの間はひたすら数学のみを勉強さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1年間の授業を振り返って~小学生

 在籍の生徒に4月以降の継続を問い合わせていたところ、昨日までに全員から継続の申し込みがあった。これで、新年度は小学生3名、中学生5名からのスタートとなった。  昨年4月にご恩塾を開設するにあたって、授業方法についてはずいぶんと考えてきた。うまく運んだ学年や教科もある一方、思うようには行かずに苦戦し、授業の方法を変更した学年もあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おたのしみ会

 公立高校合格発表の翌日に、中学3年生で合格祝賀会をやろうという話になっていた。それなら、ここまで一緒に勉強してきた下級生も呼びたいとの声が上がり、「おたのしみ会」を催すことになった。  ご恩塾の授業は学年に関係なく行われるので、中学1年生から3年生まで皆顔なじみである。時によっては小学生も一緒にいることがある。だからご恩塾生は学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校入試まであと一週間

 来週14日(木)はいよいよ公立高校入試の日。志願変更後の最終倍率も出て、受験生はもう迷いも後戻りも出来ない、まさに土壇場の状態となった。  のんびり屋さんぞろいのご恩塾生も、さすがに今は本気になって頑張っている。私も、遅々として予定通り進まない彼らの学習状況に焦りを感じていたが、ようやくここに至って過去問題の演習にこぎつけること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カタカナの名前

 冬期講習も終わり、今週からいつもの授業に戻った。昨日の授業では、しばらく休んでいた生徒や、講習会だけ修行に出ていた生徒も戻ってきた。  昨日の前半は3人の女子が集まった。同じ時間帯に偶然そろったこの女子3人には共通項がある。それは、名前がカタカナであることである。もちろんここではその名前を書くことは出来ないが、皆そろってすてきな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将来の夢

 「貧しさという逆境に耐え、高々とした将来の夢を持って限りなく前へ進む、これからは、そんな子どもたちを育てていきたい」このような理念をもってご恩塾を始めたいきさつについては、このブログでも書いてきた。しかし、最近この思いを見直さなければならないのではと思うようになった。  ご恩塾に入塾を希望する生徒とは必ず面接をしている。そのとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の目標

 正月元旦を何十年ぶりかで仕事からはなれ、家で過ごした。前夜は、翌日の心配が無いのでテレビ朝日の「朝まで生テレビ」をずうっと見たあと、昼近くまで寝ていた。  午後からは正月特訓で元旦から頑張っているSHOSHINの中学受験生に差し入れを届け、その後は年賀状を読んだりテレビを見たりでのんびり過ごした。ご恩塾は8日開始なので、もうしば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本年の最終授業

 本日12月28日が本年の最終授業だった。4月のスタート時点では生徒数は4名だったが、その後少しずつ増えて今は11名になった。冬期講習会への参加希望者は9名で、本日はそのうち6名が出席した。  小学生と中学生が混在した前半は7名が参加予定だった。全員出席となれば私一人では手に負えないので妻にも小学生の国語を手伝ってもらい、私は中学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬期講習開始

 学校が冬休みに入った本日からご恩塾では冬期講習が始まった。いつもの授業では、早い時間帯が小学生、遅い時間帯が中学生と時間分けをしているが、講習会ではどの時間帯でも参加可能とした。  初日の本日は、早い時間帯から来た中学3年生2人に高校受験用5教科まとめのテキストを渡し、早速勉強に取りかかってもらった。1教科1時間、1日4教科の勉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みかづき

 森絵都さんの小説『みかづき』がNHKでドラマ化されるそうだ。ならばと、この機会にもう一度読み直してみた。  本書は、学習塾を経営する大島一家に集まる個性的な家族の葛藤を描いた小説で、戦後から平成の後半までを背景としている。ちょうど私の塾教師人生と並行しているので、話の内容も理解できたし「ゆとり教育」「学力テスト」「津田沼戦争」な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと気になることが

 ご恩塾の立ち上げからここまでは生徒も少しずつ増え、皆楽しく勉強できて成績も上がり、まさしく順風満帆であると思っていたのだが、ここのところ立て続けに気になることが起こっている。  それは、頻発する生徒の無断欠席である。入塾時のただひとつの約束ごとは「無断で遅刻、欠席はしない」である。それが今、ほころびが広がるように破られてきたのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮澤賢治を読了

 小学4年生の国語では、4月から芥川龍之介の本を読んできた。4ヶ月かかって読了し、後期は9月から宮澤賢治の本にチャレンジし、3ヶ月で1冊読み終えた。  『注文の多い料理店』や『銀河鉄道の夜』などの有名な物語に加え『貝の火』など、あまり目につかない物語を含んだ本は、どれも小学4年生には読みやすく編集されていた。二人の4年生は、いつも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結局冬季講習をやる羽目に

 「♪あなただけがー生きがいなのーー」  ほとんどの人は知らないだろうが、クレイジーキャッツ植木等の歌である。  「ご恩塾がいちばんなのーー」  最近、私が生徒から聞かされた言葉である。  結局、植木等も私も「ってなこと言われてその気に」なってしまった。  植木等は、炊事洗濯まるでダメ女を女房にした。知力体力まるでダメの私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中3生だけの授業

 昨日は小学生の授業の予定はなく、中学1,2年生も参加者がいなかったので、中学3年生のみの授業だった。中学3年生3人のうち1人は初めての参加であり、もちろん3人がそろうのは初めてである。  前もって連絡していた通りいつもより2時間早く全員に集合してもらい、全員に共通した数学の予習授業を始めることとした。生徒たちの間には初めてのこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生徒数ついに2けたに

 昨日、市内NPOの方が中学3年生の生徒さんを紹介してくださった。早速本日から授業に参加することになり、ご恩塾生もついに10名となった。しかも、立て続けに中学3年生が入塾し、この学年だけで3名になった。  中間テストも終わり、今月末には内申点も出る。これからはできるだけ早く入試対策に入りたいところだが、その前に未習単元の消化をしな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中3試験対策週間

 11月5日からの1週間は市内の多くの中学で3年生の中間テストが行われる。ご恩塾に通っている中学3年生も、この週にテストがある。  中学3年生にとって、このテストが実質的に受験前最後の定期テストになる。そして、このテストの結果によって内申点が定まり、その内申点が公立、私立高校の合否に大きな影響を与えることになる。したがって、中学3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かしましい

 むかし、「かしまし娘」という三人姉妹の漫才トリオがいた。三味線やギターを持って、賑やかにしゃべりまくっていた。「かしましい」とは、「やかましい」と言う意味で、漢字では「姦しい」と書くそうだ。たしかに、「女三人寄れば、かしましい」とのことわざもある。  本日の小学生の授業は男子が欠席で、女子三人の授業となった。ここから先は、お察し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more