1年間の授業を振り返って~小学生

画像 在籍の生徒に4月以降の継続を問い合わせていたところ、昨日までに全員から継続の申し込みがあった。これで、新年度は小学生3名、中学生5名からのスタートとなった。

 昨年4月にご恩塾を開設するにあたって、授業方法についてはずいぶんと考えてきた。うまく運んだ学年や教科もある一方、思うようには行かずに苦戦し、授業の方法を変更した学年もあった。新年度に向けてこの1年間の授業を振り返ってみたい。

先ずは小学生の授業から。
国語はこの1年間、物語を読ませ、そのあらすじをまとめ、感想を書かせることに徹してきた。このことは私の理想とする国語の授業であり、これだけは挫折せずにどうしても追求したかったものである。
 物語を声を出して読んだあとは、あらすじや感想を書くほかに、時には感じたことを絵に描かせたり、物語の続きを創作させたり、新しい妖精やおばけを作り出してもらったりしてきた。4月から授業に参加した生徒たちは、既にかなりの量の本を読み終えた。それ以外にも、例えば宮澤賢治の本を読んだあとは、他の賢治の本を貸し与え、家庭で読ませるようにしてきた。この読書経験を通じて、本好きな子どもに成長してきたと思っている。さらに、文章を書くことが苦痛でなく、むしろ楽しめるようになってきた。中には、はじめはまともに音読できなかった生徒もいたが、今ではずいぶんすらすらと読めるようになり、感想を原稿用紙に埋めることが出来るようになってきている。
 今の授業内容は、目の前のテストには効果はないが、長い目で見ると必ず大きな成果を生み出すものと思っている。テストの結果云々よりも、私にとっては読書好きな子どもが生まれることが、なによりの願いである。

 最も手こずった教材は算数である。今年度の6年生の教材は、過去に作成したものを手直しして使用した。4年生は1年間かけてプリントを作成し完成させた。途中から入塾した5年生用の教材作成は間に合わず、塾用の問題集から問題を選んで解いてもらうことにした。生徒たちは苦戦しながらもそれらをやりこなしてくれた。入塾当初は算数が苦手と言っていた子も、今では学校の算数が易しいと豪語するまでに至っている。
 市販の小学算数の問題集はやさしすぎる。かといって、中学受験対策用に編集されたものは、むずかしすぎて手をつけられない。さらに、少人数とはいえ、生徒によって学力の差がある。この兼ね合いがなかなかむずかしい。結局のところ、生徒一人一人にあわせた手作りのプリント作成が望ましい。このことが十分に為しきれなかったことが反省点である。
 国語と算数以外の指導はまったく行ってこなかった。というより、そこまでの余裕はなかった。これも今年度の反省であり、新年度への課題である。

"1年間の授業を振り返って~小学生" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント