かしましい

画像 むかし、「かしまし娘」という三人姉妹の漫才トリオがいた。三味線やギターを持って、賑やかにしゃべりまくっていた。「かしましい」とは、「やかましい」と言う意味で、漢字では「姦しい」と書くそうだ。たしかに、「女三人寄れば、かしましい」とのことわざもある。

 本日の小学生の授業は男子が欠席で、女子三人の授業となった。ここから先は、お察しの通りである。一人の面倒を見ていると、残りの二人が話し出す。ちょっと気を許すと、おしゃべりがエスカレートしていく。いつもの授業とガラリと雰囲気が変わったのは、女子三人だけが同時に集まったのが初めてのことだったこともあるだろう。
 私もかつてのように大声でどなりつけるほどの元気もないので、しんみりとお説教作戦に入った。ところが、人生訓や道徳論など、子どもたちにはさっぱり効果がない。
 そこで必殺の一手でようやくだまらせ、勉強に集中させることに成功した。
 「おしゃべりしていると、おみやげのお菓子、あげないよ」
 これである。前日まで休んだおわびに持ってきた信玄餅である。ただし、おしゃべりで休み時間がなくなってしまったので、お持ち帰りとなった。帰宅後、生徒たちはおいしく食べてくれたことだろう。

 進学塾のようにノルマに追われての授業でもないので、久しぶりの談笑で多少の時間をつぶすことは大目に見ても良いだろうと思う。もっとも、これが毎回ならば問題ではあるが。とにかく、元気に楽しく通ってくれていることは確かだ。

"かしましい" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント