続・ご恩塾の「画廊?」

画像 月ごとにご恩塾に掛けている写真を取り替えている。 これまでに、桜、富士山、城などを室内と入り口ドアのガラスに飾ってきた。

 写真を飾る理由のひとつに「目隠し作戦」があることは前回書いた。ところが先日の授業中、じいーっとドアの前に立って動かないおばさんが出現。教室内を隙間からのぞいているのか、あるいはご恩塾に用事があってきたのか。とにかく「ご用ですかー」と大きな声をかけたところ、おばさんの姿が消えた。
 なんだったんだろうねと生徒に話したところ、その一人が「きっと先生の素晴らしい写真に見入っていたんだよ」と見事に疑問を解決。なるほど、と私もすとんと合点した次第だった。「それなら今度は中に入っていただいて室内の写真も見ていただこう」と言うことにあいなった。
 
ところで、教室に貼りだしている写真と同じテーマでこのブログにも写真を添付している。9月は鳥の写真を何点か掲載した。
 10月に入った。今月は紅葉を中心に秋の景色を取り上げることにした。すでに教室内には私の「力作」が張り出されている。できれば、おばさんたちにも見ていただきたいものである。ブログも、できるだけ間隔を開けずにアップさせていきたいと思っている。10月にはできるだけ多くの秋景色を飾りたい。
 
※私事都合により、10月16(火)、17(水)、18(木)の3日間は、勝手ながらご恩塾を休みとさせていただきます。15日(月)と22日(月)に振替授業を行います。

"続・ご恩塾の「画廊?」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント