転ばぬ先の知恵

 舞台は戦場でも災害現場でもいい。そこに負傷者がどんどん運ばれてくる。その情景を見て、現場責任者は考える。  曰く「先進の医療器具を導入したい」 「設備の充実が急務だ」 「負傷者治療の抜本的な改革が必要だ」  そうこうしているうちに、負傷者の数はどんどん増えてくる。  結局、負傷者は無視され、治療は後ま…
コメント:0

続きを読むread more

意気込みと空回り

 コロナ休校期間における家庭での経済環境の差が、9月に入って大きな教育格差となって現れるのではないかとの不安を前回書いた。また、これと深く関連して、不登校生の増加、いじめの増加、学級崩壊の増加なども危惧される。  このことが現実のものとなるかどうかは、数ヶ月後に全国的な実態調査でもしない限り分からない。誰もこんなことをするはずはないか…
コメント:0

続きを読むread more

9月からの格差が不安

 9月に入り、完全にとは言えないまでも、どこの学校でも普段通りの授業に戻りつつあるのではないか。それにしても、長い休校期間だった。休校が告げられた当初は、あるいは生徒たちは喜んだかもしれず、学校側も学習の遅れが出ることにそれほど深く考えを及ぼしていなかったかもしれない。  しかし、休校が長引くにつれて子どもたちを巡る多くの問題が生じて…
コメント:0

続きを読むread more