意気込みと空回り

 ひまわり1.jpgコロナ休校期間における家庭での経済環境の差が、9月に入って大きな教育格差となって現れるのではないかとの不安を前回書いた。また、これと深く関連して、不登校生の増加、いじめの増加、学級崩壊の増加なども危惧される。
 このことが現実のものとなるかどうかは、数ヶ月後に全国的な実態調査でもしない限り分からない。誰もこんなことをするはずはないから、何人かが心配だ不安だと思ったところで結果は闇の中である。
 そもそも心配してもしょうがない。もう9月に入ったのであり、学習環境の差を残したまま学校は後半戦に突入したのである。
 いま心ある教育者が考え、行動しなければならないことは、休校期間に学習環境を与えられてこなかった子どもたちを、いかにして皆に追いつかせるか、さらに、勉強に嫌気をさして学校から足を遠ざけはじめる子どもたちを生み出させないか、である。

 私が出来ることはたかが知れている。勉強の遅れにSOSを出している地域の子どもたちに手をさしのべ、少しばかりの手助けをすることである。このことだけでも救われる子どもたちはいるはずだ。そうしたい意気込みは十分ある。しかし、この気持ちを伝えるすべが無い。ご恩塾の存在もまだまだ広く知られるまでには至っていない。
 「おーい!ここにご恩塾があるぞー」と心の中で叫んでも、むろんそれは聞こえない。電話が鳴ることも無い。こんなときにこそ、世の中のお役に立ちたい、との意気込みも、今のところ空回りするのみである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント