このような時こそご恩塾を開きます

 三匹の子犬.jpg私は知らなかったが、2月27日夜の授業で、コロナウィルス感染拡大防止のために全国の学校が休校になるそうだ、とのニュースを生徒から聞いた。
 「そうなったら、ご恩塾はどうなるのですか?」これが生徒の最大関心事のようだった。こうなることは考えられないことではないと予想していたので、あらかじめ私の方針は決まっていた。
 「その場合は、ご恩塾も休みにしなければならないだろうね」と、そのときは生徒たちに返事をしておいた。
 その夜、テレビでニュースを見たり、翌日の朝刊を隅々まで読んだり、ワイドショーに登場する先生たちの発言を聞いたりと、いろいろ参考にして考えを改めた。

 私の結論は、ご恩塾を開放する、ということだ。
 政府の要請の中に、学校は休みとするが学童保育は開いて欲しい、という虫のいい一言があった。それじゃあ学童から感染が広がることだってあるだろう。
 しかし、このような要請をする政府の気持ちも分からないではない。学童にも通えなくなったら、子どもたちは居場所がなくなってしまう。といって、希望するすべての家庭の子が学童のお世話になるのは無理な相談だろう。休校の間、家庭で面倒を見ることが出来ず、学童も無理である家庭にとっては大きな問題だ。
 もうひとつ問題がある。よほどしっかりした子ならともかく、多くの子どもはこれ幸いと勉強をほったらかしてゲーム三昧の生活になることが十分予想される。夏休みのように計画されたものではないこの突然の休みは、子どもたちから勉強の習慣を奪ってしまうことになる。そのあげく、春休みを含めておよそ1ヶ月間の休校は、子どもたちの学力を大きく引き下げてしまうことになるだろう。これは大きな損失である。

 ご恩塾は少人数での個別指導塾である。コロナでもコレラでも、どんなウイルスであっても感染の可能性は極めて低い。少なくとも、学童よりはよほど安全である。であるなら、このような時こそご恩塾を開くことが、わずかでも助けになるのではないかと考えるにいたり、昨日その旨の手紙を生徒と保護者宛に書いた。手紙を見た生徒たちからは「歓迎です」との安堵の声があった。学校が休みになるのだから、いつもの授業時間よりも早く来て勉強してもいいこともついでに話した。

 政府発表の休校期間であれば、ご恩塾は中3生が卒業して生徒数が少ない期間でもある。居場所が見つからない子どもたちがいれば、この期間だけご恩塾を利用していただいてもいいと考えている。むろん、無料でである。ご要望があれば、ご連絡(0466-45-5555)を。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント