机とイス搬送

 three sisters.jpgかねて注文してあった机とイスが新教室に搬送されてきた。その前に、これまた注文済みのマットをホームセンターに取りに行った。新教室の床は、まるで地下牢ごとき黒いタイルだったので、せめて狭い教室を明るくしようと考え、薄い木目調のものにするためである。
 教室の壁は凹凸が若干あったので、家内にも手伝ってもらい、むかし習った図工を思い出しながらカッターでマットを切って調節した。そういえば、小学生のころ図工は好きだったなー。
 努力の甲斐あって、管理人さんも見てびっくりの清潔な床に豹変した。その後、机とイスが運び込まれ、職人さんが組み立ててくれた。塾用にしてはもったいないくらいの立派なセットである。清潔なマット、頑丈で機能的な机、かわいらしい色で高さ調節のあるイス。まるで一部上場企業の役員室のようで、私としては十分満足である。
 早速生徒に見せたところ、第一声は「せまっ」、第二声は「きれい」だった。狭いことは承知の上なのでこれは仕方ないとして、「きれい」だとの反応は、してやったりの満足感を私に与えてくれた。狭くても清潔できれいな教室で、今まで以上にこぢんまりとしたアットホームな授業ができれば、それも悪くはないなと思う。生徒の中には、この教室に私の事務机が入るのか心配する声もあったが、たぶん大丈夫だろうと楽観視している。実際に入れてみて無理なようだったら、2年前に気に入って衝動買いした机を捨てるしかない。
 暖房機はどうしても入れなければならないし、台所がないのでお湯を沸かすスペースもとらなければならず、もうしばらくの間はなにやかにやで気疲れが続きそうだ。とにかく、月曜日に引っ越し屋さんが来るので、そのあとのことはそのあとのことだ。
 2階から1階に移ることによって、1階にあるお店の方と出会うことも多くなるので、生徒たちには「お会いしたら挨拶するんですよ」と言った後に新教室を見せに行った。早速お店の方とお会いしたのだが、挨拶した生徒はだれもいなかった。ああ、このままではご恩塾の評判が・・・と、今後に不安をよぎった瞬間ではあった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント