新教室設計図

 rainbowofhawaii.jpg授業が始まるまでに少しでも勉強しておこうと、塾の私の机には読みかけの徒然草、岩波講座日本通史、苦手な理科の参考書、スペイン語会話の入門書がならんでいるが、その日その日の作業に追われてどれもなかなか手につかず、結局は何の進歩もないままに1日がすぎてゆく状態が続いている。それに加えて、最近は家具屋さんから送っていただいた家具のカタログに見入っていて、それでなくても進まない自分の勉強にますますブレーキがかかってきた。
 二階から一階への教室移転がまだ正式に決まっていないのにもかかわらず、移転したあとの教室デザインに熱中しているのである。10坪ある今の教室からわずか4坪程度の場所に移るとなると、持って行くもの、処分しなければならないものを考えなければならない。加えて、今の明るく清潔な教室から、ドストエフスキーが暮らした地下牢のように、陰湿で暗い雰囲気の教室で勉強しなければならないことになる。
 そこで私が考えているのは、この地下牢もどきの部屋をいかに明るい教室にするかである。そのため生徒が使用する机と椅子を、開放的で機能性の高いものにしたいと考えている。そこで、現在使用しているものを全て処分し、狭いながらも明るく斬新な塾の機能を持たせようと思い、ここ数日カタログに食い入っているわけである。生徒たちには「こんな机はどう?」とか「椅子は何色がいい?」などと意見を募り、ちょっと大げさだが新教室設計図がおおむね出来上がってきた。
 昨日、家具屋さんと引っ越し屋さんに見積もりを依頼した。担当の不動産屋さんからは、オーナーさんがとても好意的に考えてくださっているとの話もうかがった。あとは、最終的な契約までこぎつけることができるかどうかである。
 かりに話しがうまく進み、移転することになればなったで、結構な費用が発生することになるが、家賃が下がるので、長い目で見れば私の負担は軽くなる。そして教室は狭くなっても、生徒たちが新しい教室に満足し、より一層頑張る気になってもらえれば、それに越したことはない。
 いずれにしても、あと半月後には結論が出ることになっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント