限界が迫りつつ・・

画像 昨日は中学2年生と3年生が5名参加。先週よりもさらに生徒数が増え、今後はこのような日の連続になると思う。今日も中学生の参加予定は5名となっている。

 授業に参加している中学生の勉強内容は様々である。定期テストの解き直しをする生徒、学校の宿題を片付ける生徒、そして持参した問題集を使って復習や予習をする生徒などで、中には特に私から声をかけなくても黙々と自分の勉強に打ち込む生徒もいる。
 幸いにして、昨日もこのような生徒が多かったため、新しく入ってきた生徒の勉強を重点的に見ることが出来た。
 しかし、いつも昨日のように楽な授業になるわけではない。一人一人を順に回って質問に答えたり、マル付けをしていく場合もある。そうなると、一回の授業で5~6名の生徒数が教える側としての私の限界かなと思う。そろそろ、このようなことも考えなければならない時期になったようである。開塾当初のことを考えると、私としては本当にありがたい悲鳴なのだが、ご恩塾を最後の砦と思い頼ってこられるご家庭のことを思うと、無碍にはお断りできない気持ちもある。

 ご恩塾は、藤沢市の担当職員の方か、NPO法人の方からの紹介があった場合のみ、入塾をお請けすることにしている。中には、どこからか聞きつけて直接問い合わせをいただくこともあるが、その場合でも市役所の担当者を通してから相談に来ていただくことにしている。皆さん、それなりの事情をおかかえになっているはずの人たちである。「はず」と書いたのは、私自身は詳しい事情をうかがわないことにしているからである。

本日、このブログを始めて以来、はじめてコメントをいただいた。卒業生からのメッセージで、「本当に困っているご家庭のために理念を通してください。応援しております。」とあった。このようなコメントをいただけるのは、本当にうれしいし、ますますやる気も出てくる。コメントをくださった卒業生の方、ありがとうございました。これからも、たまにはこのブログを読んでください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック