新年度の準備

画像 中学3年生が卒業して、ここのところご恩塾もめっきり寂しくなった。日によっては、小学生が一人、そのあと中学生が一人の授業日もある。木曜日に至っては参加する生徒がいないので、3月中は休みをとっている。しかし、4月になれば新しい生徒がやってきて、また賑やかになってくることと思う。そうなってほしい。

 1月に、今年の目標として、第一に中学3年生全員の公立高校合格を挙げた。幸いにしてこの目標は達成できた。第二は、教室の移転を検討することであった。あまり熱心に探したわけではなかったが、なかなか希望の条件に合う場所がなく、そのうちに探すことと引っ越しをすることが面倒になってきたので、もう1年間は何とかやりくりしながら今の場所で続けることにした。3月は20日(水)が最終授業日で、4月2日(火)まではお休みをいただく。新年度の授業初日は3日(水)となる。

 新年度に向けて、小学生用算数プリントの作成と改訂を始めた。5年生は最初から全て作成しなければならない。藤沢市採用の教科書(東京書籍)に沿って問題を考え、生徒が増えてきても、その学力に応じて対応できるように作成している。在籍生の学力レベルを勘案して、全体的にレベル高めの内容をベースとしている。4年生と6年生は、これから入塾する生徒を見てからの改訂となるが、とりあえず第1章はやさしめの内容にしている。
国語は、どの学年の生徒が入ってきても大丈夫なように、学年ごとに本を用意している。さらに、『君たちはどう生きるか』、『代表的日本人』、『世界文学全集』なども読ませたいと思うが、果たして読み切れるだけの余裕が出来るかどうか。
 小学生と中学低学年生には歴史の本を読ませて、早いうちから歴史に興味を持ってもらいたいと思っている。小中学生用の日本通史の本を読ませれば良いのだが、不幸にして書店に並ぶのは漫画本ばかりである。良心的な出版社から、活字で書かれた本が出ないものかと待ち焦がれているが、なかなか理想にかなうものにはお目にかかれていない。こうなったら、ご恩塾生のために私が書こうか、などと大胆なことも密かに考えている。
 中学生用の教材は、塾専用教材に頼るしかない。特に語学関係は著作権にも関わるので、手作り教材の作成は出来ないことになっている。試験対策のためにも、出来るだけ教科書準拠本を中学生には与えたいと思っている。ただし、本年度の反省も踏まえ、先ずは学校から与えられたドリルを完成させ、期日までに学校に提出させることを第一にしたいと思っている。

 さて、新年度の生徒数であるが、Maxで小学生5~6名、中学生8~10名は可能だと思っている。せっかくご恩塾を始めたのだから、出来るだけたくさんの生徒さんに来てもらいたい。しかし、教室の収容能力や私自身の能力などを考えれば、このあたりが妥当なところかなと思う。新年度は4月3日スタートである。入塾を希望する方は、お問い合わせいただきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック