1年間の授業を振り返って~中学生

画像 4月の開校時点で在籍していた中学生は、新1年生と新2年生の合計3名だった。どの生徒も算数・数学が苦手ということで、数学中心の授業からスタートした。

 各自に塾専用教材とノートを手渡し、前学年の復習とノートの取り方の指導から始めた。「英語には自信がある」との言葉を信じ、英語には全く手をつけず、しばらくの間はひたすら数学のみを勉強させてきた。このことが間違いであったことに気づいたのは、夏休みも直前になってからのことだった。あわてて英語も指導するようにしたが、「読めない、書けない、覚えていない」の、ないないづくし。この遅れは、今に至っても取り戻せられないでいる。小学生時代に少しは英語をかじった経験が生徒たちには何の役にも立っていないことを改めて思い知らされた。
 夏休み明けからは、中学生の指導方針を大きく転換して、学校から与えられたドリルを持ってこさせて演習させることにした。というのも、このドリルが学校からの宿題であり、期日までに提出することになっているにもかかわらず、それを果たしていない生徒が多いことに気づいたからである。しかも、定期テストにはこのドリルから数多く出題される。生徒たちには与えられた5教科のドリル全てを解いて学校に提出させることを厳しく課すようにしてきた。

 3年生がようやく入塾してきたのは、夏休み明けからであった。しかも、後期の定期テスト直前に入塾した生徒もいて、十分な受験指導ができなかったことは今でも悔しい。それでも、3名中2名は後期の内申点を大きくアップさせたし、直前入塾の1名は、かろうじて現状維持をキープできた。
 限られた時間の中で、どれだけ受験生たちの学力を向上させられたのか、はなはだ心許ないところではある。
 冬休みからは徹底して過去問題を解かせた。教師としてははなはだ邪道であり、侮蔑の対象とされることを承知の上で、どう見ても間に合いそうもない生徒には受験のテクニックを伝授した。つまり、入試でいかに多く得点させるか、そのテクニックである。
 こんな指導は今回を最後にしたい。私としては高校入学後も耐えられるような実力を身につける指導をしたい。そのためにも、特にご恩塾への入塾を考えている新3年生には早めの入塾をおすすめしたい。

 今年度は、色々な悩みを持った中学生や、受験直前で入塾してきた3年生など、指導の上で難しい場面が多く、私としては、自分の考えや指導方法をうまく生徒たちに伝えられなかったと反省している。成功だったのか、失敗だったのかと問われると、失敗だったと認めざるを得ない1年間だった。もとより、ご恩塾での指導は今まで私が携わってきた進学塾のような訳にはいかないことは覚悟の上である。新年度に向けて、得がたい経験をさせてもらった1年だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック