芥川を一冊読了

画像 ご恩塾をオープンしてほぼ4カ月、そろそろ夏休みに入る。ここで一段落で、夏季期間は休講とさせていただくことにしている。私は、かねてから計画していた湯治に出かけ、しばらくはゆっくりさせていただくつもりでいる。

 そんな前期の授業も終盤に近づいた昨日、4年生の国語で教材としていた芥川龍之介の本を4ヶ月かかってようやく読み終えた。
 現在4年生は男女各1名が通ってくれていて、2名がそろったときに国語の授業を行っている。授業では2名が交代で音読し、その中で難しい言葉や時代背景などを説明し、時には生徒の考えを聞きながら読み進めてきた。芥川の文章は非常に流ちょうで、流ちょうであるがゆえに生徒たちは音読に苦心していた。読点が少ないため、教科書のようにはスムーズに読めないのである。物語の中には平安時代や室町時代を舞台とした作品もあり、文中の会話文や出てくる名詞にも理解できないものが多かったようだ。例えば、屏風(びょうぶ)や牛車(ぎっしゃ)などは、私がへたくそな画を描いて説明しつつの授業だった。牛車を描いたときは、牛を犬とまちがえられる始末。
 ひとつの物語を読了語は、あらすじと感想をそれぞれ原稿用紙1枚程度に書いてもらうことにしている。物語が後半に進むにつれて感想文も長くなり、最後の「羅生門」ではかなりの大作が書けるようになっていた。
 このことで国語力云々を論じることは、いかにも尚早である。ただ、生徒たちの感想は、素直に「おもしろかった」であり、読み終えた作品の中でも特におもしろかった作品をあげて、家庭でも話題にしていたようだ。
 生徒たちは、9月からの教材を今から楽しみにしている。実はもう決まっているのだが、生徒たちには「お楽しみに」と言ってある。ご恩塾の国語の授業をきっかけに、本好きで心の広い人間に成長してくれれば嬉しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック