ご恩塾も国際的に

画像 先週末、市役所の方が二人の生徒さんを連れてきてくださった。一人は、ご両親が南米の小学生。もう一人は、母親は日本人だが父親は外国人の中学生である。どちらも日本生まれで、日本語は自由に使えるので、安心した。

 面接で感じたのは、二人ともとてもしっかりしていて、明確な将来のビジョンを持っていること。ご恩塾での勉強を最優先して目標に向けてがんばることを約束してくれたので、入塾を許可し、早速来週から参加していただくことになった。開塾してまだ二週間だが、ご恩塾も国際的になってきた。
 面接で興味深かったのは、二人とも国語が得意だと話したことである。どの程度の国語力を持っているのか、もちろん今のところ不明だが、小さい頃に両親が読み聞かせをしてくれたり、日本語を教えたことはあり得ないので、本人が日本語になじむために努力してきた結果だと思う。二人とも、読書は大好きだとのことで、ご恩塾での当面の勉強は算数・数学中心とすることにした。
 今後も、特に南米系の親を持つ生徒の入塾が考えられるので、これからはスペイン語を勉強しなければならないと、密かに覚悟している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック