分数のできない中学生

画像
 以前、こんな中学2年生がいた。数学の授業で、図形は完ぺきにできる子だった。論理性も優れていて、証明も見事に解くことができた。しかし、代数となるとサッパリなのである。計算テストではいつも0点で、本人も計算には強い苦手意識を持っていた。

 補講で個人的にその生徒を教えてみて、小学校での基本的な計算の知識が全くといって無いことを確認した。つまり、小数や分数の計算はおろか、整数のかけ算・割り算もその仕方を理解できていなかったのである。

 数年前、『分数のできない大学生』という本が書かれ、ゆとり教育に警鐘を鳴らした。しかし私には、特に文系の大学生にとって、分数のできないことがそれほど大変なことだとは思えない。中学、高校で数学を学び、大学生になって、分数を使う機会が無くなったのであれば、忘れて結構だと思う。
 問題なのは、大学生ではなく、中学生である。私の塾に来る中学生で、まともに分数や小数の計算のできる生徒は、正直それほど多いとは言えない。分数の通分や約分もできないのに、中学に入るといきなり正負の数の学習に入り、数の世界が2倍に広がるのである。この時点で、既にして中学数学では落ちこぼれグループの仲間入りとなってしまう。そして、中学での3年間、数学を全く分からずじまいのまま過ごしてしまうのである。

 なぜ、このようなことになるのであろうか。その原因は、小学校での学習指導にあると私は思っている。
 よく、小学校のクラス替えで、「当たった」、「はずれた」という保護者からの感想を耳にする。「当たった」とは、良い担任教師に当たったことであり、「はずれた」はその逆である。
 小学校での学習指導は、中学校や高校のそれとは異なり、教師間のチームワークはそれほど必要としない。どちらかというと、担任の思惑で授業の進度が大きく異なってくる。すなわち、親から見て「当たった」と思われる熱心な先生は、たくさんの宿題を課し、漢字や計算の演習を徹底させる。一方で「はずれ」の先生は、強制ではなくて生徒の自主性を尊重する傾向があり、やる子はやるが、そうでない子は放っておかれる。
 中学や高校の教師と異なり、小学校の教師は、入学試験がないため、生徒に対する責任があまりない。そもそも私立中学を受験する小学生は、だれも小学校の担任をあてにしていない。彼らにとって頼れる存在は塾のみである。
 言い方は悪いが、小学校の担任にとって、生徒の将来に責任を感じることは特にない。「何にも心配ないですよ」とか言って、中学校に送り出してしまえば、あとは中学校にお任せすればよいわけである。中学校側でも、新しく入学してきた生徒たちに、改めて小学校の復習をする責務もないし、時間的余裕もないであろう。このような環境の中で、分数のできない中学生が誕生するのである。

 昨今、小学生を持つ親は、私立中学を受験させるのでない限り、勉強は中学からでよいと思っている向きがある。そして、小学生のうちは勉強よりも野球やサッカー、お絵かきやピアノといった、習い事に重きを置く傾向がある。そして子供を勉強とは離れた環境におき、のびのびと育てたつもりでいる。担任からは「心配ないですよ」と言われてきた。
子供が中学校に入り、気がつけば落ちこぼれグループの仲間に入っている。こんな家庭の子供を私はたくさん見てきた。親の先見のなさが子供の将来を限定させてしまっているのである。
私は、小学校の時こそ子供に勉強させるべきと考えている。まだ素直に親や教師の言うことを聞ける時期に、徹底して基礎学力を身につけさせるべきなのである。
 ゆとり教育などとノー天気なことを言っている時代は終わった。思えば、いつの時代にも子供は学問を強いられてきた。そうやって今の日本があるのである。子供が勉強もせずに遊び呆けている国が、将来他国の規範となる国に発展するはずはない。
 鉄は熱いうちに打て。分数のできない中学生を生み出さないためにも、私は小学生のうちの教育が大切だと考える。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

痛いほど感じるから 痛感なんでしょうか
2010年07月08日 21:37
検索で見かけてブログを拝見しました。個人指導の塾を経営していますが、毎年痛感するのがブログでおっしゃられた内容、そのものずばりです。実は本日も(2010年7月8日)、期末テストを終えた中学1年生の塾生との学習を終え、「あ~やっぱり小学校の3年以降の勉強ができていない」と痛感したばかり。「どうやって教えていくべきだろうか」と考えた際に見つけたブログだったわけです。同感です、さて どうしたものでしょうかね?

この記事へのトラックバック