私立志向

画像
 中学三年生の父母面談も終わり、生徒の志望校も定まった。今年の父母面談を終えて気がついたことは、例年以上に私立高校を第一志望とする生徒が多いことだ。
 公立と私立を天秤にかけた結果、私立を選んだ理由は、大きく次の三点である。
 第一は、トップの公立高校はともかく、中堅以下の公立高校の大学合格実績が低く、一方、同レベルの私立高校の大学合格実績が向上していること。
 第二は、学校説明会での雰囲気が公立と私立では雲泥の差があったこと。公立は形式的であったのに対し、私立は熱の入った説明があった。このことから、私立の面倒見の良さが伝わった。
 第三は、学費の問題である。大学受験までの諸費用をよくよく計算してみると、さして差があるわけではないことが分かったこと。

 この傾向は私の塾だけのものなのかどうかは分からないが、ひょっとしたら来年度の神奈川県高校入試は、公立に定員割れが生じるなど、大きな変動があるかもしれない。
 いずれにしても、公立が主で私立が従という高校入試の構図は、既に逆転している。多くの私立は昔のように、公立に入れない生徒の「はきだめ」ではなくなっているのである。
 このように、高校入試における私立志向が顕著になっていることは、私は大いに良いことだと思っている。民間のほうが活気があり、熱心になるのは郵便局だけではないのである。
 しかし、私立を目指すのなら、もう三年早く、中学から行かせることが望ましいと私は思う。私立の本当の良さは、中高六年間一貫教育にあると思うからである。現に私学の多くは中高六年間一貫教育を徹底させるため、高校からは募集していない。
 中高六年間一貫教育のメリットは計り知れないほどに多い。そのうち、私の考える二点を上げてみよう。
 第一に、高校入学試験がないことである。中学時代の三年間を「内申点」という魔物に縛り付けられることもない。中学卒業から高校入学までの時間の無駄もない。その間だけでも勉強時間に大きな差がつく。だから、カリキュラムを無理なく進めることが出来る。
 第二に、友人関係が濃密になることである。中学に入学するや六年間、同じ仲間と同じ環境で生活することになる。中学の三年間で友情が断ち切られるのとは大きな差である。このことは、六年間一貫教育を受けた私の二人の子供を見て思うことでもある。

 このような気持ちが私の中にあるため、私は心情的に中学を受験させるご父母の先見の明に敬意を持ち、中学受験生を応援してしまう。今年に限ったことではないが、全身全霊で中学受験生を応援したくなってしまうのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック