アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「歴史」のブログ記事

みんなの「歴史」ブログ

タイトル 日 時
歴史に学ぶ2
歴史に学ぶ2  1931年、「満州は日本の生命線である」と言って満州事変を起こし、多くの開拓民が満州に渡った。日清戦争後は台湾を植民地にし、日露戦争後は樺太にも多くの日本人が移り住んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/15 11:58
歴史に学ぶ1
歴史に学ぶ1  4代将軍家綱の時、明暦の大火がおこり江戸の町の大半が消失した。その復旧作業で幕府は100万両とも言われる資金を費やした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/02 00:07
田沼と松平
田沼と松平  田沼意次についての知識は乏しい。従って、乏しい知識とある程度の想像で書いていることをご了承願いたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/03 17:30
千代と富子
千代と富子  中学2年生の歴史の授業で応仁の乱を扱ったときのことである。例によって脱線し、授業の内容はいつのまにか日野富子の話へと逸れていった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/16 11:25
歴史の厚み
歴史の厚み  岩波新書から『シリーズ日本近現代史』が刊行された。ちょうど中学二年生の社会科の授業が近現代史に入るところだったので、授業に生かすために読み始めた。  読書のスピードが授業の進行に追いつかず苦労はしたが、ようやくシリーズD『満州事変から日中戦争へ』を読み終えた。新書版とはいえ、1冊200ページくらいの分量なので、5冊で1000ページを読破したことになる。こう思えば、結構な厚さである。  「厚さ」という言葉から、歴史を学ぶ意味とは結局「厚み」を感じ取ることなのではないだろうかと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/03 23:09

トップへ | みんなの「歴史」ブログ

日頃考えていること 歴史のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる