アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「教育」のブログ記事

みんなの「教育」ブログ

タイトル 日 時
頑張ることを否定する発言を否定する
頑張ることを否定する発言を否定する  「『頑張れ物語』」の落とし穴」と題した、家庭教師を職業とされる女性の方の「語り」が朝日新聞に掲載されていた(2015年1月21日) 。この方は、中学受験で「頑張る」ことを冷ややかな目で見ているようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/11 01:37
入学試験と就職試験
入学試験と就職試験  若いころ受ける数多くの試験の中で、おそらく最も大切な試験は、入学試験と就職試験だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/02 12:39
早生まれは中学受験に不利?
早生まれは中学受験に不利?  4月10日付の朝日新聞に興味深い記事が載っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/26 12:36
SFHでの椿事
SFHでの椿事  鳴り物入りでスタートした「横浜サイエンスフロンティア高校」(以下SFH)で前代未聞の椿事が起こった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/31 13:42
ファミレスの出現と日本文化
ファミレスの出現と日本文化  ファミリー・レストランの売り上げが、ここ3ヶ月連続で落ちているとニュースが伝えていた。その原因は、東日本大震災による自粛ムードと、焼き肉店での食中毒にあるとのことだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/07 23:24
数による合格実績の危うさについて
数による合格実績の危うさについて  受験シーズンが終了する頃、多くの塾・予備校が合格実績を公表する。実績を公表する理由には大きく二つの側面があるように思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/23 23:31
不正はいけないことだけれど
不正はいけないことだけれど  京都大学や早稲田大学で携帯電話を利用したカンニング事件が起こり、世の中を騒然とさせた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/08 01:51
内申点という魔物
内申点という魔物  他校から赴任してきた公立中学校の教師が、前任校で作成したテスト問題をそっくり新任校で流用した。ケータイで連絡を取り合う能なしのお相撲さんのように、まさかばれることはあるまいとタカをくくっていたのだろう。しかし、この教師を上回る抜け目のない塾があった。その塾ではこの教師が前任校で作成した問題を取り寄せ、「傾向分析」と称して生徒に徹底して答えを暗記させた。結果は目に見えている。この塾の生徒は皆高得点だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/08 00:53
荒れる中学とトンデモ授業
荒れる中学とトンデモ授業  11月7日の朝日新聞湘南版に、横浜市立の荒れた中学の記事が掲載されていた。記事によると、かつての校内暴力のような集団での行動ではなく、数名の生徒が暴れているのだという。その生徒のために先生方は校内の見回りをし、そのため職員室には2、3人の先生が残っているだけという。これでは真面目な生徒が質問したくても出来ないだろうし、子どもたちに勉強を教えたい一心で教師になった先生たちも、こんなはずでは、と思うに違いない。やる気のある生徒や、やる気のある先生たちには、まことに気の毒である。  私は、もしもそ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/10 00:11
特待生制度
特待生制度  事務員の話によると、ある新聞社から、私の塾の特待生制度についての問い合わせがあったそうである。その新聞社が調査したところ、このことについて最も進んでいるのが私の塾だということのようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/24 02:02
草食男子は英語が苦手?
草食男子は英語が苦手?  誰が名付けたのか、草食男子とは言い得て妙である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/25 23:34
受験の収穫は人生観
受験の収穫は人生観  朝日新聞(2010年2月19日)に非常に興味のあるアンケート結果が紹介されていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/21 19:48
鉄は熱いうちに
鉄は熱いうちに  勉強に関して言えば、今の小学生を持つ親の考え方は完全に二極化してきた。片方の極は、私立中学や国立中学の受験を目標に勉強させているグループ、一方の極は、遊びや習い事などに時間を費やして、勉強は二の次と考えているグループである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/30 00:58
分数のできない中学生
分数のできない中学生  以前、こんな中学2年生がいた。数学の授業で、図形は完ぺきにできる子だった。論理性も優れていて、証明も見事に解くことができた。しかし、代数となるとサッパリなのである。計算テストではいつも0点で、本人も計算には強い苦手意識を持っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/10 00:19
公立中学はどこへ行く
公立中学はどこへ行く  神奈川県では今年、中学受験者数が過去最高になったそうだ。その最大の原因は、公立中高一貫校の登場である。今年開校した公立中高一貫校2校の受験者数が3625人にも達したそうである。この人数が、私学も含めた中学受験者数を押し上げた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/23 23:31
現代の教育と江戸時代の教育
現代の教育と江戸時代の教育  「塾へ通っている子供は遊ぶ時間がなく、かわいそうだ。」との親からの意見をよく聞く。そして「昔は暗くなるまで外で遊んだものだ。」と続くのが一般的な論調である。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/09 15:03
モンスター・ペアレント
モンスター・ペアレント  事情があって『財界さっぽろ』という雑誌を購読している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/28 10:41
子どもを信頼するということ
子どもを信頼するということ  母「宿題はないのー?」  子「ないよー」  母「宿題おわったのー?」  子「おわったよー」  どこの家庭にもある母と子のなにげない会話である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/29 23:58
続・前期選抜廃止論
続・前期選抜廃止論  「公立高校入試 推薦選抜各地で廃止」こんな見出しのトップ記事が4月13日の朝日新聞朝刊に載っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/18 12:49
地理の知識
地理の知識  日本地理学会が調査した結果、宮崎県の位置が分かる高校生は42%、イラクは25%だったそうである。高校生でこうなのだから、中学生ではもっと低い数字になることだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/07 02:01
公立中学で塾が教えることについて
公立中学で塾が教えることについて  30年前の塾に対する社会的評価は今のようではなかった。塾は必要悪と言われ、塾で教えることが悪いことをしているように思われた。言わば塾や塾教師は日陰者の立場だった。  今では塾の団体がお役所からも認められ、公立の中学校から放課後の受験指導まで委託されるまでになった。塾教師一筋に生きてきた身としては、塾が社会的に認知されるようになったことは望ましいことではある。しかしながら、大手塾でも有名塾でもない、一介の中小塾の人間としてみれば、同じ塾と言っても、どこかが違っていて、我が事のようには思えずにい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/30 02:10
ワーキング・プア
ワーキング・プア  NHKで再放送された「ワーキング・プア」を見た。最初の放映で大きな反響を呼び数々の賞を得た番組であり、是非見たいと思っていた番組だった。  ワーキング・プアという言葉自体は新語で、テレビでは現代の新しい格差の現象のように描かれてはいたが、どれだけ働いても厳しい生活を強いられているこのような下層の人々は昔からいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/12 02:22
高い目標、低い目標
高い目標、低い目標  数年前のこと。中学受験を目指して中途入室してきた6年生の男の子に志望校を聞いたところ、「栄光学園です」と言ったのでびっくりしたことがある。栄光学園と言えば、神奈川県ではトップの男子校である。その子は、入室テストの点数も悪く、失礼ながら見るからにできの悪そうな子だったからである。ところが、わずか1年足らずの勉強で、その子は栄光学園に合格してしまったのである。合格後、その子から「まさか僕が受かるなんて、先生は思っていなかったでしょう」と言われて、冷や汗をかいたことをおぼえている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/26 01:06
学問の意義
学問の意義  『学問のすすめ』刊行から百三十年を超え、大きな戦争を何度も経て、国家の独立もなった今、学問をすることの意義はどこにあるのだろうか。明治時代と比べ、学問をすることと貴人や富人となることとの相関関係は現代ではほとんど無いと言って良いであろう。そもそも貴人などという人種そのものが今は存在しない。  富人の例として、最近では堀江さんや村上さんのように、東京大学を出た人間が巨富を稼いだ例もあったが、それは恐らく東京大学で学んだこととは無縁のことであろうし、その脱法的行為から法的な裁きを受けている始末で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/13 23:41
私立中学入試問題と私立高校入試問題
私立中学入試問題と私立高校入試問題  社会科の私立中学入試問題に対して公立高校入試問題があまりにも低レベルであることを前に書いた。公立高校の中でも、たとえば富山県や愛知県など、県によってはよく練られた問題も出題されてはいるが、それでも多くの私立中学入試問題の比ではない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/20 01:16
私立中学入試問題と公立高校入試問題
私立中学入試問題と公立高校入試問題  今年出題された約三十校の私立中学入試問題社会科を分析した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/25 11:39
斎藤孝著『教育力』〜各論
斎藤孝著『教育力』〜各論  斎藤孝氏著『教育力』にはさまざまな教育メソッドが紹介されている。これらの中から私が特に共感を得たものを取り上げてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/02 23:37
斎藤孝著『教育力』
斎藤孝著『教育力』  斎藤孝氏といえば、あの『声に出して読みたい日本語』以来、200冊を超える本を出しているという売れっ子である。私も何冊かは読んだが、新聞広告に斎藤氏の新著が出るたびに「ああ、またか」という感想を持ったものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/07 00:38
40人の社員
40人の社員   仕事上、本年度私立中学入試問題のうち社会科の問題を分析してきた。分析した多くの学校の中で、特に日本女子大附属中学の入試問題が優れていると思った。日本女子大附属中学は、特に地理で考えさせるユニークな問題が毎年出題されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/13 10:06
テストに出ない
テストに出ない  中学二年生(当時)の会話である。  「え?小村寿太郎?だれ、この人。知ってるー? 教科書に載ってないよねー」  「知らない!テストに出ないから覚える必要ないんじゃない?」  小村寿太郎さんを尊敬してやまない私としては、ぶっ飛ばしてやりたい会話である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 21:41
昭和世代と平成世代
昭和世代と平成世代  数年前、アパラチア山脈の麓にあるアメリカ東部の小さな町を旅行したときのことである。町でコンサートがあるというので、見物に出かけてみた。そのプログラムの中に、子供たちにフラフープを使って踊ってもらう場面があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/29 01:43
前期選抜廃止論
前期選抜廃止論  神奈川県の公立高校入試制度は、猫の目のようにくるくる変わる。私には、変わるたびに悪くなっていくように思われる。中でも、最近導入された前期選抜試験は、悪しき入試制度の最たるものである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/28 00:35
実績至上主義批判
実績至上主義批判 東証一部に上場していて藤沢にも進出してきた中部地方の大手塾が高校入試の合格実績をごまかし、公正取引委員会から注意を受けたと新聞に載っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/11 02:21
新・頭の悪い子のつくりかた5
新・頭の悪い子のつくりかた5 5.頭のよい子とは ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/05 01:23
新・頭の悪い子のつくりかた4
新・頭の悪い子のつくりかた4 4.大人の責任 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/23 12:54
新・頭の悪い子のつくりかた3
新・頭の悪い子のつくりかた3 3.こうして頭の悪い子はできあがる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/19 12:57
新・頭の悪い子のつくりかた2
新・頭の悪い子のつくりかた2 2.どんな子が頭の良い子なのか ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/09 13:37
新・頭の悪い子のつくりかた1
新・頭の悪い子のつくりかた1 1.はじめに ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/02 23:07
私立志向
私立志向  中学三年生の父母面談も終わり、生徒の志望校も定まった。今年の父母面談を終えて気がついたことは、例年以上に私立高校を第一志望とする生徒が多いことだ。  公立と私立を天秤にかけた結果、私立を選んだ理由は、大きく次の三点である。  第一は、トップの公立高校はともかく、中堅以下の公立高校の大学合格実績が低く、一方、同レベルの私立高校の大学合格実績が向上していること。  第二は、学校説明会での雰囲気が公立と私立では雲泥の差があったこと。公立は形式的であったのに対し、私立は熱の入った説明があった。こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/25 10:41
合理性
合理性 今あるかどうか分からないが、私が小学生の頃、通信簿に「合理性」という項目があった。どのような意味なのか、よく分からなかったので、兄に聞いたところ「要するに頭がいいと言うことだ」との説明があり、得心がいった。というのも、私は小学生の頃担任から嫌われていたので、通信簿のたいていの項目には○がつけられなかったが、「合理性」だけはいつも○がついていたからである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/13 01:01
先生によるいじめ
先生によるいじめ  教師による生徒へのいじめは、実はかなりあるのではないかと思う。私自身、小学高学年の頃、担任からいじめられたというか、いびられた経験がある。私は執念深い性格らしく、この教師のことは名前から顔立ちまで、今でも忘れられないでいる。理由は単純であった。私が金持ちの経営者の息子で、この教師は熱狂的な日教組の組合員だったことである。こんな経験から、福岡県で起こった教師によるいじめには関心を持った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 11

2006/11/02 10:43
いじめ考
いじめ考 同級生のいじめにより小学六年生の女子が自殺した事件が北海道であった。友達から「キモイ」と言われていたとのことである。この事件以来、「キモイ」という言葉が気になり、注意していたところ、私の塾の中でも子供たちの間で普通に使われていることに気づいた。特に、女子が多く使うようである。今の女の子は男の子以上に強い存在である。その子たちが集団で友達に「キモイ」と言っていることを想像すると、空恐ろしくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/18 02:04
心の偏差値
心の偏差値  北海道の小学校で自殺した6年生女子の遺書が見つかったそうだ。遺書には友達から「キモイ」などと言われていたと書かれているという。この自殺に、市の教育委員会は「いじめによる自殺とは確認できていない」とコメントしているそうだ(朝日新聞10月3日)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/04 00:54
評価
評価  我々人間集団の中では、どのような形態の集団であっても「評価」というものの存在は常につきまとうものなのだろう。評価する立場と評価される立場、人間はこのどちらかに属するもののように思われる。そして、その「評価」が妥当なものであるか、そうでないか、この判断もその属する社会集団または個人によって異なるものであろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/03 06:30
小学校での英語
小学校での英語  8月27日の夜、NHKのBSで「ディベート・小学生の英語」を放映していた。このことには関心があるので、時間を割いて見た。  番組によると、小学生の親の70%は、小学校で英語を教えることに賛成なのだそうである。ということは、私は少数意見者になる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/08/30 02:34
祖国とは国語
祖国とは国語  ベストセラー『国家の品格』の著者であり数学者である藤原正彦氏は「国語教育絶対論」という論説の中で、「小学校における教科間の重要度は、一に国語、二に国語、三、四がなくて五に算数、あとは十以下」と述べられている。そして、国語の中心はあくまで「読み」つまり読書にあると断言される。私は、長い塾教師生活の中で、多くの小学生たちと接してきた。その経験から、藤原氏の主張は全く正しいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/27 19:24
暗記法
暗記法  数年前、京都にいる弟を訪ねたついでに京都見物をした。苔寺を見学したときの事である。お坊さんが私たち観光客に寺の中や庭を案内してくれたあと、「さあ皆さん一緒にご唱和しましょう」と言うや、お経を唱え始めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/10 02:44
集中力
集中力  「あいつは頭がいい」などという言葉をよく耳にする。確かに、悔しいけれど、世の中には「頭がいい」人は存在する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/18 18:14
体罰
体罰  戸塚ヨットスクール校長が刑期を終えて出獄してきた。彼曰く「体罰は教育です」と。私の記憶では、この校長は、何人かのスクール生をヨットの練習場で死なせたり行方不明にさせたりして、有罪判決を受けた人である。戸塚ヨットスクールは、「何らかの問題」を持った子どもたちを集めたスクールで、彼らを社会復帰させるため、場合によっては体罰を取り入れてでも子どもを再生させようという主旨で始めたスクールのようである。私は「何らかの問題」の具体的事実を知らない。更に、その子どもたちの教育には、携わった者でなければ分から... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/06/11 02:34
人生の失敗
人生の失敗  「失敗は成功のもと」とも言う。失敗を積み重ねて、徐々に成功に向かう、これが人生といえるのかもしれない。入試に失敗する、就職に失敗する、試合で失敗して負けてしまう等々、失敗は人生を歩んでいく上では常につきまとうものなのだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/05/26 12:14
勉強に勝つと言うこと
 「うちの子は負けん気が足りない。勝つぞ、という気概がもっとほしい。」保護者面談でよく耳にする母親の言葉である。もちろん、勉強についてのことである。「友達を成績で負かしたい」「もっと順位を上げたい」このような気持ちを子供に持ってほしいとの母親としての願望なのであろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/05/19 00:39
我慢すること
 「人間、辛抱だ」というコマーシャルがあった。確か、先代若乃花親方が横綱の時の、それはそれは遠い昔のコマーシャルである。このコマーシャルが流れていた頃、私はいくつだったのだろう。ずいぶん若い頃だったとは思うが、「人間、辛抱だ」と若乃花が言う言葉は、まったくその通りだと思った。だから、こんな古いコマーシャルでも覚えていたのだろう。  お相撲さんは今も昔も、辛い修行を辛抱して強くなっていくのだと思う。それは常人には想像もできない苦痛であろう。この苦痛を乗り越え、辛抱しきった者だけが、やがて大関、横... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/05/14 23:26
性別役割分業観
 高度経済成長といわれた時代は1950年代後半から始まった。テレビ、洗濯機、冷蔵庫という家電製品が登場し、やがて、カー、クーラー、カラーテレビの3C時代へと繋がっていく。家電製品の登場は女性の家事労働を大幅に軽減し、そのことが女性の社会進出を促していく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/12 10:47

トップへ | みんなの「教育」ブログ

日頃考えていること 教育のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる