日頃考えていること

アクセスカウンタ

zoom RSS 補助金

<<   作成日時 : 2015/03/14 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 安倍首相をはじめ、自民党の重鎮たちや民主党代表の岡田氏らに、補助金を受けた企業から献金が寄せられているとの報道があった。

 「お上」への献金は田沼時代からのことであり、今さら驚いたり憤慨したりすることもない。「またか」と、庶民はあきれ、あきらめるしかない。
 驚いたのは、政府には「補助金」制度があり、かなりの数に上る企業がその制度の恩恵にあずかっているという事実である。職種も多岐にわたっているようで、中にはビール会社もある。良くは分からないけれども、「補助金」という言葉からは「援助してくれるお金」、「ただでもらえるお金」との意味合いが考えられる。もしそうだとしたら、企業にとってこんなうまい話はない。何千万円もただでもらえるなら、10万円や20万円の献金など安いものである。いったい、どんなことをしたら、こんなうまい話にありつけることが出来るのだろう。
 多くの中小企業の社長は、社員とその家族のために身を粉にして働き、自分の財産を削ってまでして経費の支払いに工面している。借金したくても、銀行や公的機関は貸し付けもしてくれない。今日もまた店じまいをする中小企業があるだろう。そして、解雇された従業員は路頭に迷う。
 これが日本の現実である。真面目に働くものが損をし、袖の下を出し補助金をチャッカリせしめるなどのうまいことをして生き延びるものが得をする。この法則はピケティ氏の登場を待つまでもなく、これまでの長い日本の歴史上、常にそうであった。
 職場、現場、工場、いろいろなところで愚直に一生懸命に働いている人々に幸せが約束される世の中はいつまで待っても来ないのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
補助金 日頃考えていること/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる